小さい頃から歯医者に通う│早めに虫歯予防をしましょう

白い歯

歯周病になったら

歯科

上石神井に住んでいる人の中に歯がグラグラしたり、歯茎から血が出たりしている人は歯周病の可能性があります。歯周病とは歯を支えている骨が溶けて歯茎が痩せてしまうという歯の病気ですので、早めに歯科に相談して治療を受けるようにしてください。歯周病は虫歯と同じように発症しても自覚症状がないため早期発見が難しいでしょう。歯周病の原因といわれている歯垢や歯石は歯茎と歯の間にある歯周ポケットに溜まっています。そのため、普段の歯磨きだけでは歯周ポケットに溜まっている歯垢などを除去することはできません。自分が歯周病を発症しているのか分からない人は、上石神井にある歯科で検査を受けて予防しましょう。上石神井にある歯科では歯周病予防のために、PMTCという歯や歯茎の間に詰まっている汚れなどを落とす治療を行なっています。この治療を受けることで口の中に溜まっている汚れをまとめて除去することができるため、予防だけでなく爽快感を得ることができるでしょう。発症してある程度進行してしまうと、歯周ポケットが拡大して歯垢の量が増えてしまい、それによって歯茎が炎症を起こしてしまいます。炎症を起こしてしまうと周りにある歯茎に影響を与えるので、上石神井にある歯科では炎症を起こしている箇所を切除するのです。歯科ではできる限り切除する量を少なくするため、患者さんの負担は大きくなることはありません。ですが、これ以上悪化してしまうと神経にまで被害が及んでしまうので神経ごと切除する可能性がありますので注意してください。